■プロフィール

やまのうえみき

Author:やまのうえみき
大阪の堺から夫婦でIターンして
コツコツ茅葺きの小屋を建てています。
車生まれ(!)山育ちの元気な息子さんと
自宅出産で産まれた女の子と
整体オタクの旦那さまと
四人プラス猫で暮らしています。

からだがよろこぶ食事や
おやつを創るミキちゃん

整体を家庭でできるように広めたい
ゆにちゃん
http://ameblo.jp/unity-man/
 

イベントなどでボチボチ『うまコン焼き』『ビィーガン焼き菓子』『草木染5本指靴下』出してます。
見かけたら声かけてください☆

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ゆにちゃんが、伝えたいこと!
「人間というのは、実に巧妙精緻(こうみょうせいち)につくられている。 どんなに環境が変わろうと、条件が変わろうと、それに適応する術を体が持っている。 その体の術を発揮することが整体への近道なのです。 みんなが病気だと言っていることは、体の一つの変化に過ぎない。病気ではないのです。その適応過程なのです。再適応する過程なのです。じっと観ておけば経過していくのです。
 それを知識のために怯え、震えてしまって、持っている力を発揮出来ない。あるいは、人に頼って、自分の力を発揮出来ないのです。」

「相手を病人として見、かばわなくては弱っていく人間として見、病気は治さなくてはならないものと決めてしまって、熱が出たら、さぁ、大変、吐いたら止めなくてはならない、痛かったら止めなくてはならないという前提で人を観るということを止めて、充分力の出せる働きを備えて生まれてきた人と観る。痛かろうと痒かろうと、その人の感じたことが次の力を発動しようとする前提であるとして、熱が出たと言っても、痛いと言っても「まぁ、結構」とというような角度で、相手が経過するのを観ることが出来るようになりますと、いま私がはなしていることをいちいち思い出さなくても、スラッと感じられるようになります。」

 野口晴哉著 「整体法の基礎」より

にんげんも、やはり大自然の中で生きてゆく動物なんやなぁ~
                           
スポンサーサイト


整体 | 20:41:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ