■プロフィール

やまのうえみき

Author:やまのうえみき
大阪の堺から夫婦でIターンして
コツコツ茅葺きの小屋を建てています。
車生まれ(!)山育ちの元気な息子さんと
自宅出産で産まれた女の子と
整体オタクの旦那さまと
四人プラス猫で暮らしています。

からだがよろこぶ食事や
おやつを創るミキちゃん

整体を家庭でできるように広めたい
ゆにちゃん
http://ameblo.jp/unity-man/
 

イベントなどでボチボチ『うまコン焼き』『ビィーガン焼き菓子』『草木染5本指靴下』出してます。
見かけたら声かけてください☆

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「眠れないんじゃないんですよ~!」
こんにちは

 ゆにちゃんです!

 今日は、「眠り」のお話です

 眠れない人のからだの特徴です↓↓

  ① アキレス腱が硬い

  ② 鳩尾(みぞおち)が硬い

  ③ 頭部第二調整点(*1)がもりあがっている

 ここから、何が読み取れるかといいますと、

 「緊張状態」なんです!

 体が、グッ!とちぢこまって力が抜けない感じです。

 血管も、キュッ!となってしまい血流が悪くなり、体は冷え、呼吸は浅く、

 酸欠でイライラし、これで寝ようとすると、更に緊張して余計に寝れなくなります。

 
 「眠り」は生理現象なので、努力しなくても得れるのが本当なんです。

 このような状態で、寝ようとすることに無理があるのかも知れませんね

 問題は、なぜこんなに「緊張」してるのか?だと思います。


 

 人間には、「からだ」と「こころ」をゆるめたり、引き締めたりする

 自律神経というシステムがあります。

 起きてるときには引き締めて動ける体にし、寝てるときはゆるめて休める体になるように

 してくれてます。

 つまり、自律神経の調整がなんらかの原因でうまく働いてないので寝れないのです!

 
 では、なぜ?

 原因は、さまざまですが… 答えは、シンプルです!

 「あなたが、流れに沿った生き方をしてないからです!」

 無理はできますが、いつかは破綻するのが自然だと思います。

 いいことは、こころにも体にも心地いいもので、結果もいいことなんじゃないでしょうか?

 寝れなくなるまで、そういうことに「気付けない!」もしくは、「気付こうとしない!」ことが

 問題をより複雑にしていると思います。

 
 すいません… 熱くなり過ぎました

 生き方や感受性は、整体ではどうすることもできませんが、

 寝むりにくい人は、以下のことに気を付けてみてください↓↓

  ①体を冷やさない(緊張がより高まる)

  ②冷たいものを飲んだり食べたりしない

  ③水分の採りすぎに注意する(排泄しきれない水分で体を冷やすため) 
 
  ④出来るだけ、深い呼吸を意識する(前回の記事を見てください)

  ⑤よく歩く

  ⑥昼間によく動く 

  ⑦頭ばかり働かさない

  ⑧寝れないことをこれ以上、気に病まない(寝れなくて死んだ人はいません。いつか、寝て

  しまうんです。辛いかもしれませんが、あなたの思う時間に寝れないだけです。寝れないことに

  苦しんでも何の解決にもならないし、余計に緊張をたかめてしまいます。)

 
 挙げればきりがありませんが…

 ポイントは、緊張しすぎてゆるめにくくなってるだけということです。

 そして、その原因が、日々の生活の中にあるということです。

 

 安心してください! 

 
 眠れないんじゃないんですよ! 

 
 ただ、眠りにくくなってるだけなんです!

 
 眠れる能力がなくなったわけではないんですから


 ご清聴、ありがとうございました!


 


 

 (*1)頭部第二調整点

  頭部第二調整点

 目と耳の延長線が交差する場所にある調整点  参考: 二宮 進 著 「整体健康法」

 怒ったり、ヒステリィックを起こすとここがもり上がり硬くなる。
 昔の人はこれを「鬼の角」といってたのかなぁ

 
スポンサーサイト


整体 | 06:54:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ