■プロフィール

やまのうえみき

Author:やまのうえみき
大阪の堺から夫婦でIターンして
コツコツ茅葺きの小屋を建てています。
車生まれ(!)山育ちの元気な息子さんと
自宅出産で産まれた女の子と
整体オタクの旦那さまと
四人プラス猫で暮らしています。

からだがよろこぶ食事や
おやつを創るミキちゃん

整体を家庭でできるように広めたい
ゆにちゃん
http://ameblo.jp/unity-man/
 

イベントなどでボチボチ『うまコン焼き』『ビィーガン焼き菓子』『草木染5本指靴下』出してます。
見かけたら声かけてください☆

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
生き方=息き方!?
 ゆにちゃんです!

 最近、息の浅い人をよく見かけるので、「呼吸」についてです。

 食べることや、寝ることについては、結構、気を付けている人は

 多いと思います。 しかしながら、「呼吸」については、みなさん

 ノーマークなんですよねぇ

 食事は、何日か食べなくても死にませんし、寝るのも2~3日くらいやったら、

 なんとかいけますよねぇ? やけど、「呼吸」はどうでしょう?

 5分くらい止めたら、そうとうヤバイですよね

 それくらい、生命にとって大切なことなんですが、

 普段、意識しなくても当たり前にしてくれてるものなので見落としがちです。

 では、息が浅いと、どうなるのか?

 酸欠になり、体や血管がこわばり、血流が悪くなり、体が冷えたり、脳にも酸素が

 足りずイライラしたり、寝れなくなったり、肩こり、偏頭痛や便秘になったり、

 どんどん緊張がたかまって、何ひとついいことは無さそうです

 リラックスしている時や、何かに集中している時の息は、深くて長いんですね。

 息は、こころや体のゆるめたり、引き締めたりにすごく関係しているんです。

 だから、かたよった息は、体のバランスを崩す原因になりやすいのです


 それでは、一度、「息」を感じてみましょう

 息は、どこでしていますか?

 もちろん、肺ですよね! 

 肺は、酸素を取り込んで、二酸化炭素を出してくれる器官というのは、

 みなさん、ご存知ですよね…、しかし、肺の収縮だけでは「呼吸」は、無理なんです!

 実は、息を吸ったり、吐いたりする時に、横隔膜(*1)や他の筋肉の動きに助けてもらってるんです。

 横隔膜を下げることによって、アコーディオンの要領でより息を吸い込んで、

 上げることで、吐いてます。

 そうなんです! 息の浅い人の多くは、横隔膜が硬く動きの悪い人なんです。
 
 こんな、経験ないですか?

 腹立ち過ぎたり、心配事が続いたりしたら、鳩尾(みぞおち)のあたりに、

 違和感を感じたり、実際に圧迫感や痛みがあったり…、

 実は、この鳩尾あたりに横隔膜があるんです!
  
 緊張や不安、怒りなどによって横隔膜が硬くなり、呼吸も浅くなるのです。
 
 大体、こういう時は、息苦しかったり、息が詰まったりしますよね


 そこで!

 複式呼吸の出番です

 お腹をふくらましたり、へこますと横隔膜が運動します。

 普段から、お腹で息をすることに意識をおいて、横隔膜を硬くしないように

 弾力を保っておくだけでも、様々な不調がなるなくなったりすることもあります。

 いい息は、健康のバロメーターです

 息は、お腹でするんです! 子供のうちは、みんな複式呼吸なんですって!

 調子悪いと、胸や肩で、死ぬ間際は、鼻あたりで息するらしいですよ。

 息は、上がらないようにしたいものです。

 (*1)横隔膜とは、体の中で胸と腹を区切る筋肉の板のことです。


 
 まだまだ、「息」については知ってると役に立つこと盛りだくさんですが…

 これくらいにしときます

 ありがとうございました! ゆにちゃんでした


 
スポンサーサイト


整体 | 02:19:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。