■プロフィール

やまのうえみき

Author:やまのうえみき
大阪の堺から夫婦でIターンして
コツコツ茅葺きの小屋を建てています。
車生まれ(!)山育ちの元気な息子さんと
自宅出産で産まれた女の子と
整体オタクの旦那さまと
四人プラス猫で暮らしています。

からだがよろこぶ食事や
おやつを創るミキちゃん

整体を家庭でできるように広めたい
ゆにちゃん
http://ameblo.jp/unity-man/
 

イベントなどでボチボチ『うまコン焼き』『ビィーガン焼き菓子』『草木染5本指靴下』出してます。
見かけたら声かけてください☆

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
この気、なんの気、気になる「気」のお話!
こんばんは! ゆにちゃんです 

 今日は、「そんな気がする」の「気」のお話です。

 日本人は、古来より「気」を日常的に感じていたのでしょう。

 気が付く、気が合う、気持ち、気配り、など「気」が付く言葉が、たくさんあるし、

 普通に、毎日の会話で使われています。

 一体、「気」とは、何なんでしょうか?

 
 こんなこと、考えたことないですか?

 人間とか、動物は、なんで動くのか?

 物なら、自分で動かない。

 動物は、自分で動く。

 とても、当たり前のことですが…、とても、不思議なんです。

 じゃ、人間を構成してる物をすべて集めててくれば、動きだすでしょうか?

 科学の力で、人間を構成している物質が解明されても、

 未だかつて、人類は生命自体をつくることに成功したことはないんです。

 では、物と動物の「差」とは、一体、何なんでしょう?

 野口先生は、著書の中で、こう書かれています。

 「気は、物質以前の存在です。

 けやきの大樹も始めは一粒の種子でした。

 その種子の中にあった気が必要とする物質を集めて、ああいう大きな樹となったのです。

 ある子が桜の枝を折って花を探しておりましたが、見つからない。

 しまいには爺やを呼んで根まで掘って探しましたが、花は無かったと不平をいっておりました。

 これを笑う人がおりますが、人間の体を解剖して生命を見つけているようなもので、笑えないことです。

 お母様は始末が悪いと困っておりましたが、物をいくら分解しても生命は見つかりません。

 気も同じです。 人間の体も気が造ってきたのです。

 要求によって生まれた気が、必要とするものを集め産み出したのです。

 気は精子以前の存在、物質以前の動きなのです。

 だから、見えない、触れない、ただ感じる。

 それも、五官ではない。

 気で感じるだけなのです。

 気の動きは勢いなのです。

 勢いは人のいのちです。」     ~野口晴哉:著 「整体入門」より~


 僕らは、その勢いを感じ、影響されて生きています。

 要求によって生まれた気が、必要なものを集めて現実となるのです。

 見えないから、触れないからないんじゃないんです。

 実際に感じているから、「そんな気がするんです!」 

 



 
 

 

 

スポンサーサイト


整体 | 21:20:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。