■プロフィール

やまのうえみき

Author:やまのうえみき
大阪の堺から夫婦でIターンして
コツコツ茅葺きの小屋を建てています。
車生まれ(!)山育ちの元気な息子さんと
自宅出産で産まれた女の子と
整体オタクの旦那さまと
四人プラス猫で暮らしています。

からだがよろこぶ食事や
おやつを創るミキちゃん

整体を家庭でできるように広めたい
ゆにちゃん
http://ameblo.jp/unity-man/
 

イベントなどでボチボチ『うまコン焼き』『ビィーガン焼き菓子』『草木染5本指靴下』出してます。
見かけたら声かけてください☆

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

本当に、それで解決!?
 先日、あるラジオ番組で「寝れない」ことについて、

 話してはった。

 そのパーソナリティーは、「寝れなくなったら心療内科に行くことをおすすめします。」

 と、言っていた。 

 「薬のんだら、一発ですよ! 寝れますよ!」

 との、ことだ。

 「本当に、それで問題解決?」

 と、思った。

 「なんで、寝られへんかが問題ちゃうん?」

 いつも、そこにブチ当たる

 明らかに、日々の「からだ」と「こころ」の使い方が、悪いのが原因だっ!!

 もっと言うと、理屈ばかりを優先させて、「本能のサイン」を無視しつづけた結果である!!

 そんなことを言うと、決まって返ってくる言葉が、

 「分かってんねんけどなぁ…」

 


 「分かってるんやったら、そんなんなってないわ!!」

 と、言いたくなる

 怖いわぁ    「分かってんねん病」

 ほんまに、薬の力で強制終了せな寝られへんからだは、問題なし?

 いよいよ、薬の常用で「自分の本来のちから」を失って、

 余計に、寝られへんからだになっていく…  ほんで、薬の量が増えていく。

 


 「分かってんねんけどなぁ…」

 すべては、そこから始まる!

 「寝られへん」はサインですよ!

 いい加減、信号無は、やめてみては?

 そんな風に、思います

 
 ありがとうごさいました! ゆにちゃんでした。

 
スポンサーサイト


整体 | 01:46:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ