■プロフィール

やまのうえみき

Author:やまのうえみき
大阪の堺から夫婦でIターンして
コツコツ茅葺きの小屋を建てています。
車生まれ(!)山育ちの元気な息子さんと
自宅出産で産まれた女の子と
整体オタクの旦那さまと
四人プラス猫で暮らしています。

からだがよろこぶ食事や
おやつを創るミキちゃん

整体を家庭でできるように広めたい
ゆにちゃん
http://ameblo.jp/unity-man/
 

イベントなどでボチボチ『うまコン焼き』『ビィーガン焼き菓子』『草木染5本指靴下』出してます。
見かけたら声かけてください☆

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「Let's 愉気!」 ~準備編~
ゆにちゃんです。

さぁ!

それでは、実際に「愉気」をやっていきたいと思います!

まぁ、普段から意識せずにみなさんやってることなんですが、

それを意識的にやってみます。

まず、愉気する準備として、

手や感覚を敏感にしていきます。

「合掌行気法」というのですが、すべての「手当て」の基本になります。

整体実験!?やと思って気楽にやってみてくださいね

 それでは、はじめます!

姿勢なんですが、「正座」がよいです。

無理な方は「胡坐」でもかまいませんが、

こころもちおへそを前にだすような感じでおねがいします。

整いましたら、手を3cmくらい開いて前に出します。

これが自然にくっついてきます。

ピタッとくっついたら目をつむって呼吸してください。(合掌です)

そして「ウームッ」とおへその少し下あたりに、息をためるように吸い込みます。

息を2~3秒こらえてから吐き出します。

(呼吸は鼻から吸って、鼻から吐きます。)

その後、手のひらに注意を集めていきます。

指先から手のひらの中央に息を吸い込んで、吐き出す、

難しければ、そういうつもりになってやってください。

ポイントは、手のひらに意識を集中して、

普段よりもゆっくりとした速度でひと呼吸づつ

丁寧に呼吸することです。

時間は、3~5分くらいです。長さではなくどれだけ集中できたかが大切です。

最初は、すぐに雑念が湧いてきて、手の呼吸よりも気になること満載です(笑)

でも、うまく集中できれば、手のひらが汗ばんできたり

熱く波打つように感じられます。

終了するときは、もう一度「ウームッ」と下腹に息を吸い込んで

息をこらえたまま、手をはなし、目をひらき、吐き出します。

以上で「合掌行気」は終わりです。

 次に「敏感な手」になったのかどうか、確認してみましょう!

左手の力を抜いて前に出して、右手に力を入れ、指先を左の手のひらに向けてください。

少し経つと、左のてのひらに、温かいか、ピリピリした感じか、風か、何か異なった感覚がありませんか?

あった人は「敏感な手」になってます! ソーッと動かしてみてください。

動かしてみると、自分の右手の動くように手のひらの感じも移っていきます。

今回、感じなかったひとも、何度かやってる内に敏感になってきますよ。

やれば、やるほど感覚と質があがっていくので、どんどんやってみてください!

 次回の「Let's 愉気!」は、その敏感になった手で、実際に「愉気」をしてみたいと思います

ありがとうございました!



スポンサーサイト
整体 | 06:41:05 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ