■プロフィール

やまのうえみき

Author:やまのうえみき
大阪の堺から夫婦でIターンして
コツコツ茅葺きの小屋を建てています。
車生まれ(!)山育ちの元気な息子さんと
自宅出産で産まれた女の子と
整体オタクの旦那さまと
四人プラス猫で暮らしています。

からだがよろこぶ食事や
おやつを創るミキちゃん

整体を家庭でできるように広めたい
ゆにちゃん
http://ameblo.jp/unity-man/
 

イベントなどでボチボチ『うまコン焼き』『ビィーガン焼き菓子』『草木染5本指靴下』出してます。
見かけたら声かけてください☆

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「治療」ではありません!の巻
 こんばんは

 ゆにちゃんです。「整体」って何?というお話です。

 


「痛いからどうにかしてくれ!」

 当然、そうですね

 じゃ、なぜ、痛むのでしょう?

 ここが、重要なんです!

 これを、理解してると、してないでは、大違いなんです!!

 症状の多くは、すでに起こってしまったことに対する、からだの反応なんです。

 つまり、よくなるために起こっている出来事なんです! とっても不快ですが…

 僕らが、症状と呼んでいるものが、からだの治癒反応なんです。

 もう、すでに体が異常に対して働きだしてるということです。

 整体は、その力を最大限に引き出して、からだをよくしていこうとします。

 つまり、結局は、自分の力で、症状をうまく経過して治るんです。

 だから、場合によっては、整体を受けた後、一時的に痛みがひどくなったり

 熱がでたり、下痢したりと様々な反応が出たりします。

 これは、先ほどお話したように治癒反応が高まるためです。

 整うために、症状がでてるのです。 そして、整えば、症状はなくなるのです。

 整体の目的は「その人、本来の力を発揮して丈夫になってもらう!」ことなんです。

 症状がでないことを目的にはしてません。

 必要のある時には、サッと、熱なり、痛みなどを出して、すぐに経過できる、

 そういうからだを育てようとしてるのです。

 
 整体は「治療」ではありません。

 症状は、自分で起こし、自分で治すのです。

 僕らは、そのこじれた原因をからだに聞いて、「現状と解決策」をお伝えして

 どうしても、誰かの手を借りないと前に進まない部分に対してだけ、少しだけ

 お手伝いさせてもらうのです。

 だから、整体は「指導」と呼びます。

 本人が、理解し、実践することが大切なのです。

 僕らに病気は治せないのです。

 もちろん、その原因は、あなたの生き方の結果なので、

 これまた、どうすることもできません。


 自分のからだの不始末を、他人に押し付けて、まだ、文句を言ってる人を

 よく見かけます

 これも、また、からだがバランスを崩して、「鈍っている」という事なんですね。

 そういう事に、「気付ける、いい体!」で、人生を軽やかに生きてみたいものです

 

 
 

スポンサーサイト
整体 | 19:45:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
ゴザマのチラシができましたぞよ
もうすっかり秋ですね~

あれだけ飛んでいた蚊も少なく力よわ~くなりました。

さてさて 10月10日ゴザマのかわいらし~チラシができました。

いつも助けてくださるfuuさんの渾身の作です。
配るから送ってよ~

店においてよ~

など御一報くださいませ。

今回もたのしい出展者の方々が盛りだくさん

またまとまり次第ブログにアップします。

お楽しみにぃぃぃ

ゴザマ 1ゴザマ


紀美野ゴザdeマーケット | 21:43:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
自分の糞!
 こんばんは! 

 完全に、やまのうえだよりを整体ジャックしてる、ゆにちゃんです

 今日も、加古川で整体の勉強会があった。

 からだの勉強は、奥が深くて、非常におもしろい!

 そして、それを誰かに伝えたくなる情報ばかりだ。

 今日も、「整体」というものについて先輩にいろいろ教わった

 
 僕は、整体的な考え方を世に広めたいと思っている。

 薬を止めろ!とか、病院に行くな!とか、あれをするな!これをするな!

 そういうことを伝えたいんじゃない…

 ただ、整体的な考え方を選択肢のひとつに加えてほしいだけなんです。

 選ぶのは、自分自身です!

 例えば、誰かに薬を止めろと言われて、止めるのではなく、

 自分で止めようと思えるから、止める。 

 薬を止めるという結果は、同じですが、全然違います!

 人は自主的に決定したことに、責任が持てるんです。

 じゃないと、いつまでたっても誰かの何かのせいにしてしまい、悪循環に突入してしまいます。

 一方的に、押し付けられるのではなく、自分で選び取れる状態で判断してほしいのです。
 
 そういう時の材料に整体的な考え方を加えてほしいと思ってる。

 もちろん、何を選ぶかは、その人の自由だ!!

 

 ここに、先人のよい言葉があるっ


 「自分の糞は、自分できばる!」


  誰かが、自分のかわりにきばってくれても、自分の糞は出るはずがない

 

 

整体 | 00:23:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
からださん、ありがとう!!
 整体オタクのゆにちゃんです

 今日は、芦屋に整体の講習会に行ってきた。

 その時の話だ!

 何度も風邪をひき、扁桃腺が腫れて高い熱を出す。

 「それは、あんたが体を冷やしたからだ!」とキッパリ!

 冷やした体を温めようと熱を出す。(体温が一度下がれば、免疫力が20~30%落ちると

 最近の免疫学の先生が言っている。) だから、体は取り戻そうと熱を出す!

 喉が痛くなる前に、靴下をはかせなさい! 熱を出す必要があるから、熱をだしてるだけです。

 だから、冷やさないように心がけなさい!

 とのことだ

 何度も繰り返すから、扁桃腺を切ってしまうと、どうなるか?

 熱が出るので、薬で熱をさげたらどうなるか?

 熱を上げて免疫力を高めてくれてるのです。 扁桃腺は門番なんです。


 「からださん、ありがとう!じゃないですか?」と、先生は言ってました。

 


  ちゃんと、意味があるんです! 僕らが、知らないだけ!

  日夜、あなたの「からだ」は、あらゆる手段であなたを守り続けてくれてるんです

  ほんとに、ありがとうやわぁ

  「冷えは、万病のもと!」

  昔の人は、経験と勘をたよりに、この世界を生きてきたんやろなぁ!?

  からだにお手数かけないように、冷やさんようにしとこぉ~とっ

  
 

整体 | 22:54:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
本当に、それで解決!?
 先日、あるラジオ番組で「寝れない」ことについて、

 話してはった。

 そのパーソナリティーは、「寝れなくなったら心療内科に行くことをおすすめします。」

 と、言っていた。 

 「薬のんだら、一発ですよ! 寝れますよ!」

 との、ことだ。

 「本当に、それで問題解決?」

 と、思った。

 「なんで、寝られへんかが問題ちゃうん?」

 いつも、そこにブチ当たる

 明らかに、日々の「からだ」と「こころ」の使い方が、悪いのが原因だっ!!

 もっと言うと、理屈ばかりを優先させて、「本能のサイン」を無視しつづけた結果である!!

 そんなことを言うと、決まって返ってくる言葉が、

 「分かってんねんけどなぁ…」

 


 「分かってるんやったら、そんなんなってないわ!!」

 と、言いたくなる

 怖いわぁ    「分かってんねん病」

 ほんまに、薬の力で強制終了せな寝られへんからだは、問題なし?

 いよいよ、薬の常用で「自分の本来のちから」を失って、

 余計に、寝られへんからだになっていく…  ほんで、薬の量が増えていく。

 


 「分かってんねんけどなぁ…」

 すべては、そこから始まる!

 「寝られへん」はサインですよ!

 いい加減、信号無は、やめてみては?

 そんな風に、思います

 
 ありがとうごさいました! ゆにちゃんでした。

 

整体 | 01:46:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
[Let's 愉気!」 ~目の疲れにどうぞ~
 こんにちは、 

 だれでも、簡単! 家庭でできる整体「Let's 愉気!」の、ゆにちゃんです

 前回の「合掌行気」で敏感になった手で、実際に愉気をしてみましょう!


 先日、友人の家に遊びに行った時、「老眼」の話になったんですが…  

 老眼て何なんでしょうね?

 歳をとれば、みんながなるんでしょうか?

 避ける方法はないのでしょうか?


 でも、なる人と、ならない人がいるということは、

 そこに何かの原因があるということですね。

 本当にからだの老化が原因なら、歳をとれば

 みなさん老眼になっているはずですもんね!?

 ひょっとしたら、その使い方に問題が、あるのかも知れませんよ

 そこで!!

 それが、「直接の老眼予防」になるかどうかはさておき、

 目の疲労を解消する手当てを、紹介します


 日頃、私たちは知らず知らずのうちに下方を向いて生活してるんですね。

 特に、パソコンや細かい文字を見る機会が多い方は

 余計に目線が下がり気味になり、目のまわりの筋肉が「偏り(かたより)疲労」を

 起こして、目に疲労を感じてしまいます。

 このような目の周囲の筋肉のアンバランスは、眼球を上に向けることで調整され、

 目の疲労も簡単に解消されます。

 

 では、目の体操です!

 ①顔を正面に向け、眼球をおもいっきり上に向ける感じで上を見る。顔は上げないように注意!

 3秒くらいで、視線を正面に戻す。

 ②顔は正面を向いたまま、右上を見ます。もとに戻す。

 ③次は、左上を見ます。はい、もとに戻ります。

 これをワンセットで、10回くらい繰り返してください。

 動かす時に、抵抗感が強い人ほど、目が疲れている人です

 目の体操

 
 次に、目の上の骨のくぼみに沿って親指をあて「愉気」していきます!

 そうです! ここで「敏感な手」の出番です

 下図の右側のように、親指とひとさし指でまゆ毛をつまむようにして、親指のはらで上に押し上げる感じで、

 内側から、外側に押さえていきます。

 ポイントは、力で、ぐいぐいもまないことです。 あくまで「愉気」です。

 軽く指を当てて、親指から息を吸って、吐くという呼吸を意識してください。

 手や腕に力が入り過ぎないように注意してください。

 目の体操2


 
 つづいて、(上図の左)こめかみのあたりを、目じりから耳の上まで上に向けて圧迫します。

 目が疲れていると、圧痛がありますが、何度か繰り返してるうちに

 痛みが解消され、爽快な感じになってきます


 以上が、目の疲労を解消する手当てです。

 日頃から、日々の偏り疲労を解消しておくと、大きく調子を崩さなくなるので

 早速、やってみてください! 本当に目がすっきり、はっきりしますよ

 ちなみにゆにちゃんの整体の先生は、この調整法を実践されていて、

 老眼知らずですよ! 

 はいっ!

 これを読んでる、「あなたっ!!」

 目線が、下がってますよ(笑)

 ありがとうございました ゆにちゃんでした。

        
 参考図書

 「図解 整体健康法」 著:二宮 進

整体 | 13:42:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
前回の「合掌行気」の補足です!
前回の「合掌行気」の補足に、写真を載せてみました!

 モデルは、イマイチですが ご愛嬌っ!

 まずは、「あぐら」でする場合の悪い例です。

                      合掌2

 このような姿勢になると、お腹に力が入らず、よい呼吸ができないので、気をつけてください。

                      合掌1

 少しおへそを前に出すとこんな感じになります。


 次は、「正座」でする場合です。

                      合掌4

                      合掌3

 読んで字のごとく「合掌行気」です!

 肩のちからは抜いて、手のひらと、手のひらの間に

 薄い紙を一枚はさんでるようなイメージで軽く手を合わします。

 最初は、手で呼吸することに集中してくださいね


 かなり慣れてきた方は、「丹田呼吸」つまり、「複式呼吸」を意識して、

 やってみてください。

 ちなみに「丹田」とは、おへその指三本くらい下の位置にある、

 人間のパワースポットみたいな場所なんですよ

 やり方は、こうです!

 手のひらから息を吸って丹田に入れます。

 2~3秒こらえてから、

 丹田から出した息を手のひらから吐く。

 息を吸うと、下腹がふくらみ

 吐くとへこみます。

 この呼吸法は、「愉気」の基本なので

 是非、マスター出来るように、実践してみてくださいね

 次に、「敏感な手」になったか確認!

                      合掌5

 このように、右手の指先から、左の手のひらに、息を吐きかけるイメージで

 行います。 

 
まずは、軽い気持ちで、トライしてくださいね

 「Let's 愉気!」でした

 ありがとうごさいました! 
 



     

整体 | 01:32:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
ゆにちゃんです!
 先日、UPした「Let's 愉気!」やねんけど、

 やはり写真があった方が、わかりやすいという声があったので、

 早速、ブログに写真を貼り付けることに挑戦

 なんせ「アナログ人間」やったから、

 ひとつ、ひとつに苦戦する

 画像縮小に、ダウンロード、ほんでアップロード!

 「そのダウンロードした画像は、どこにおんねんっ!?」

 未知の世界です

 なんとか、写真は貼り付けれるようになったが、反転のしかたが不明のままです。

 先が、思いやられます  

 まぁ、「千里の道も、一歩から」

 ぼちぼち、楽しみながらやっていこっとぉ

                       P1000579_convert_20110916002305.jpg





日々のこと | 00:29:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
まるで 船のような
まるで船のような
ウッドデッキ先端部

不思議空間
着々とつくられていますウッドデッキ


日々のこと | 00:32:31 | トラックバック(0) | コメント(1)
「Let's 愉気!」 ~準備編~
ゆにちゃんです。

さぁ!

それでは、実際に「愉気」をやっていきたいと思います!

まぁ、普段から意識せずにみなさんやってることなんですが、

それを意識的にやってみます。

まず、愉気する準備として、

手や感覚を敏感にしていきます。

「合掌行気法」というのですが、すべての「手当て」の基本になります。

整体実験!?やと思って気楽にやってみてくださいね

 それでは、はじめます!

姿勢なんですが、「正座」がよいです。

無理な方は「胡坐」でもかまいませんが、

こころもちおへそを前にだすような感じでおねがいします。

整いましたら、手を3cmくらい開いて前に出します。

これが自然にくっついてきます。

ピタッとくっついたら目をつむって呼吸してください。(合掌です)

そして「ウームッ」とおへその少し下あたりに、息をためるように吸い込みます。

息を2~3秒こらえてから吐き出します。

(呼吸は鼻から吸って、鼻から吐きます。)

その後、手のひらに注意を集めていきます。

指先から手のひらの中央に息を吸い込んで、吐き出す、

難しければ、そういうつもりになってやってください。

ポイントは、手のひらに意識を集中して、

普段よりもゆっくりとした速度でひと呼吸づつ

丁寧に呼吸することです。

時間は、3~5分くらいです。長さではなくどれだけ集中できたかが大切です。

最初は、すぐに雑念が湧いてきて、手の呼吸よりも気になること満載です(笑)

でも、うまく集中できれば、手のひらが汗ばんできたり

熱く波打つように感じられます。

終了するときは、もう一度「ウームッ」と下腹に息を吸い込んで

息をこらえたまま、手をはなし、目をひらき、吐き出します。

以上で「合掌行気」は終わりです。

 次に「敏感な手」になったのかどうか、確認してみましょう!

左手の力を抜いて前に出して、右手に力を入れ、指先を左の手のひらに向けてください。

少し経つと、左のてのひらに、温かいか、ピリピリした感じか、風か、何か異なった感覚がありませんか?

あった人は「敏感な手」になってます! ソーッと動かしてみてください。

動かしてみると、自分の右手の動くように手のひらの感じも移っていきます。

今回、感じなかったひとも、何度かやってる内に敏感になってきますよ。

やれば、やるほど感覚と質があがっていくので、どんどんやってみてください!

 次回の「Let's 愉気!」は、その敏感になった手で、実際に「愉気」をしてみたいと思います

ありがとうございました!



整体 | 06:41:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
「ゆにちゃん、健康を語る!」の巻
「健康」とは、なんでしょう?

病気もせず、痛いところもなく、

食べたいものを食べ、飲みたいものを飲み、こころよくねむり、

やりたいことをおもいっきりやれる。

まさに「食う!寝る!遊ぶ!」ですよねぇ

「健康」の「け」の字も、忘れるくらい、

元気溌剌と生きれる!

誰もが、そうなりたいと思っていますよね

しかしながら、実際はどうでしょう?

多くの方が、「自分の健康状態」に、不安をもっていますよね

では、わたしたちは いつでも「健康」でいられないのでしょうか?

「いいえ! そうではありません!」

ただ、みなさんが考えている「健康」と、

整体的に考える「健康」とは、少し捉え方が違うのです

例えば、「吐いたり、下したり」することについてです。

一般的に「吐く」ということは、「ダメなこと」のように思われてますよねぇ?

しかし、体に都合が悪いから、吐き出してくれるんですね、

胃の働きが、間に合わなかったら、「下痢」で排出してくれてるんですよね。

症状だけで判断すると調子がわるいという見方になりますよね?

では、胃や腸が、はたらかなかったら、どうなるでしょう?

「からだ」は、生きてる限り、常によくなろうとする働きをします。

時には、熱を出し、痛みを出し、いろいろなことをして体を復調します。

それらが、滞ることなく、すみやかにおこなわれているかが大切なんですね

「整体」でいう健康とは、風邪をひかないことや、痛みが出ないことや、病気をしないことではなく、

それらを、自分のちからを発揮して、すみやかに経過していけるということなのです。

 その全力をだせる「からだ」を「健康」というのです。



整体 | 01:47:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
「整体と手当て」
 
 ゆにちゃんです

 「あっ、痛いっ!!!!!」

 そんな時、どうします? 

 とっさに手を、当てますよねぇ?

 なぜ?????????

 「そんなん、知らんわっ!」と聞こえてきそうですが

 「からだ」は、知っているんです。

 それが、必要だから、勝手に手を当ててしまってるんです!

 お腹が痛いのに、頭をおさえてる人はいません

 とにかく、異常のあるところに手が行く。 放っておけないんです!

 これを、人間の本能的な治癒行為で「手当て」と呼びます

 整体には、「愉気法」という「手当て」を使う技術があります。

 特別な道具が無くても、手があれば、誰でも、簡単にすぐ出来るので、

 少しづつ、ご紹介していきたいと思います。


 緊急事態、虫さされ、からだの不調、肩こりや腰痛etc 色々な場面で、

 覚えておくと便利ですよ。


 とにかく、「Let's 愉気!!!!!」

 乞うご期待っ!

整体 | 01:59:23 | トラックバック(0) | コメント(2)
自然良能!
 ゆにちゃんです。

 蚊に刺されたら、かゆみ止めの薬を塗る人がいます。

 「当たり前だ!」と言われそうですね

 じゃぁ、なぜ、かゆみが起こるのでしょう?

 「そんなこと、考えたことないわ!」と聞こえてきそう

 
 「ひとのからだ」は、

 誰に教わることなく、生まれたときから、

 無意識に自分を守ってくれてます。

 例えば、目にごみが、入ったら涙で流しだしたり、

 都合の悪いものが、からだに入ってきたら、咳をしたり吐いたりして

 吐き出します。

 これらは、自分でしようと思わなくても

 「からだ」が、勝手にやってくれてるのです。 誰に教わることもなく・・です!

 痛みやかゆみは、確かに不快です。

 しかし、「かゆみ」があるから、そこに熱を持ち 血管がひらき 血流がよくなり

 蚊の毒を薄め、代謝をよくしてからだを修復できるのです。

 その「かゆみ」にも、僕らが知らないだけで、

 やはり、役目があるのです!  

 その不快さ故に、それを取り除くことに、気を奪われてしまいがちですが、

 本当は、すべて「からだ」が自分を治すために起こしていることなんです!

 「かゆみ」は、よくなるための手段であり、その過程なんです! 「痛み」や「熱」などもしかりです! 

 もしかしたら、「病気」と呼ばれている、その症状もそうなのかもしれません。


 話は戻りますが、かゆみは敵ではありません。と言うことになります

 薬とは、うまく付き合いたいものです。             ビバ 自然良能っ!!!!!!

整体 | 02:16:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
紀美野ゴザdeマーケット  秋
紀美野ゴザdeマーケット  秋
2011.10.10(月)体育の日時間:10時~16時

場所:陶芸八幡工房  南側  Hachi Garden
(和歌山県海草郡紀美野町小畑73-1)

http://www.8hachi.com/


涼しくなってきましたね~

昨日は栗をたくさんゲットして 渋皮煮をつくりました。
最後にちょいとラム酒で風味付け ムフフなおいしさです。

さて、ゴザマも
出展者さま、地元の方、八幡工房のファミリーのおかげさまで毎回楽しくさせていただいています。
ありがとうございます。

それぞれが持ちよったモノ、情報、知恵を地域で循環させて
みんなでHAPPYになりましょう
というこの企画

今回は出展料を
『にんにこ被災者支援ネットワーク』
http://ninnico.jp/
に寄付させていただきたいとおもいます。

どうぞよろしくお願いします。

出展者募集
手作り品、自慢の品、リサイクル、エコ&ピースな品など…
食品は事前にご相談ください。
     出展料          500円(子供の出店大歓迎!無料です。)




お問い合わせ、申し込み

やまのうえスタヂオ まえだ みき

090-7091-7114
yamanoue@mopera.net

ブログはじめました
http://yamanouesutadio.blog.fc2.com/

紀美野ゴザdeマーケット | 00:02:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
ドラエモ~ン!!!!
ゆにちゃんです。

パソコンの前に座り、文章を書く。

うまく表現しようとすると、

なかなか、納得いかず

結局、「やめとこ!」ってなる。


 わくわく、すらすら読める文章て、どんな風にしたら

書けんねやろう????


いつも、思う!

「人に何かを伝える!」って、

む~ず~か~しぃ

自分の感じてることの、

ほんの少ししか伝わってないような気がする。


こんな短い文章でも考え込んで書いてしまうわぁ

ちから入り過ぎてんねんやろうなぁ

今度からは、思ったまんま、

ラフに気楽に書き込んでみようっと!!!

じゃないと、はやく「秋のからだに役立つ整体」について書きたいのに、


 秋が、終わってしまうわぁぁぁぁぁ!  がっびぃ~ん




 

日々のこと | 05:42:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
ウッドデッキ



やまのうえ茶屋 | 23:31:28 | トラックバック(0) | コメント(1)
秘密基地創り
やまのうえスタヂオはイベント出店や、カフェ卸でぼつぼつ動いておりましたが、
今、茶屋(といっても山小屋ですが)のためウッドデッキを作成しています。
今日は
本屋の竪穴式住居のカヤふきも少しすすめました。

ぼちぼち頑張ります。

やまのうえ茶屋 | 23:47:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
ゆにちゃんが、伝えたいこと!
「人間というのは、実に巧妙精緻(こうみょうせいち)につくられている。 どんなに環境が変わろうと、条件が変わろうと、それに適応する術を体が持っている。 その体の術を発揮することが整体への近道なのです。 みんなが病気だと言っていることは、体の一つの変化に過ぎない。病気ではないのです。その適応過程なのです。再適応する過程なのです。じっと観ておけば経過していくのです。
 それを知識のために怯え、震えてしまって、持っている力を発揮出来ない。あるいは、人に頼って、自分の力を発揮出来ないのです。」

「相手を病人として見、かばわなくては弱っていく人間として見、病気は治さなくてはならないものと決めてしまって、熱が出たら、さぁ、大変、吐いたら止めなくてはならない、痛かったら止めなくてはならないという前提で人を観るということを止めて、充分力の出せる働きを備えて生まれてきた人と観る。痛かろうと痒かろうと、その人の感じたことが次の力を発動しようとする前提であるとして、熱が出たと言っても、痛いと言っても「まぁ、結構」とというような角度で、相手が経過するのを観ることが出来るようになりますと、いま私がはなしていることをいちいち思い出さなくても、スラッと感じられるようになります。」

 野口晴哉著 「整体法の基礎」より

にんげんも、やはり大自然の中で生きてゆく動物なんやなぁ~
                           

整体 | 20:41:50 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

まとめ